白ばら荘

とても大切な友人の作品のタイトルから名前を頂きました。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『かりすま』ご来場ありがとうございました。

6番シードさんに客演させていただいた

『かりすま』
も無事終了しました。

来場して頂いたお客様、どうもありがとうございました。

そうそう公演のDVDが6番シードさんから出るらしいです。

6番シードさんのキャストコメントにも乗せたのですが、
今回とても貴重な不思議な経験をしましたので、書かせて
いただきます。
 
 役者には2つのタイプがあるとよく言われます。役を自分に
引きつけるタイプと役に自分が入っていくタイプです。
私はどちらかというと後者のほうで、何回か台本を読んでいく
うちに、自分の役が突然、「ここでこう動きたい!」「こう台
詞を言いたい」と主張してくるのです。それをやってあげると
自分もスムーズに演技をすることができ、演出家も大体納得し
てくれます。。
 ところが、今回は、なぜか、何度台本を読んでも『おばば』
が主張をしてこないのです。これには困りました。登場人物が
主張をしてこないのですから、自分で考えて動くのですが、ど
うもしっくりきません。
 そんなある日、自宅で夜寝ているときに『万吉』が夢枕にた
ったのです。(土屋さんではありませんので、土屋ファンは安
心してください。顔は見えないので感じるだけですが、土屋さ
んほどハンサムではありません。しかも、ちょんまげ結ってま
す。)『万吉』曰く「おばば、閃さんをよろしくな・・・」
私は夢の中で、しどろもどろ・・・「???(あの台詞の後に
どんな台詞があったっけ・・・思い出せない)」目が覚めて、
「あれ、万吉が夢枕に???」ってびっくりしました。ただ
、その時はなぜ『万吉』が夢枕に立ったのか分かりませんでし
た。
 それから、何日かたって、『閃さん』との土手のシーンの練
習をする日に、稽古場に向かっている途中で、突然『おばば』
が『万吉』に向かって話出しました。(まあ、『おばば』役の
私が思っていることを口に出して、話小さな声で独り言言いな
がら、歩いているわけなんですが・・・夢枕にたった『万吉』
の声で答えが返ってくるのです!?!)

ここから先は、台詞で書きます。

おばば 「万吉、わしのところばかり出てこないで、閃さんの
ところに出て、慰めておあげよ」

万吉  「閃さんのところにも行ってるよ!でも悲しんでいて
俺の存在なんか全然見えていないんだ」

おばば 「だからって毎日わしのところに出て、何が言いたい
んじゃ・・・」

万吉 「だから、前にも言ったろ!閃さんを宜しくって!あん
なのは閃さんじゃねぇ!」

おばば 「閃さんは、お前が死んで、とても悲しんでるんだよ
!どうせ、お前のことだから、ご家老様に軽口でもきいて、き
られたんだろう?」

万吉 「・・・(図星の感じ)閃さんが、悲しんでることぐら
い、分かってるよ!でも、元の閃さんに戻って欲しいんだ・・
・俺の惚れた『青井閃之介』に・・・おばば、力貸してくれよ
!」

おばば 「しょうがないねぇ!まあ、わしも今のままじゃいけ
ないと思ってるんだ。閃さんは、わしが説得するよ・・・」

万吉 「本当か!ありがてい!」

おばば 「でも、万吉・・・閃さんが元に戻ったら、お前、も
うこの世に未練無くなって、あっちの世界に行っちまうんだろ
?」

万吉 「そんなことはねぇ!(でも本当はそうだと分かってい
る感じ)」

おばば 「嘘つくな!でも消える前に、最後に、このわしに会
いに来て、最高の笑顔を見せてくれよ、約束だよ(無理と分か
っている)」

万吉 「閻魔様になぐってでも、顔見せてやるよ!(無理と分
かっている)」

おばば 「じゃ、約束だ・・・さあ、お前なら、閃さんがどこ
にいるかすぐわかるだろう、居場所探してきとくれ・・・」
(このあたりで私、本当に悲しくなってしまうんですが・・・)

万吉 「がってん!」

なんて調子で、万吉が土手にいる『閃さん』を探してきて、階
段を上がる間、おばばを「こっちtだよ!」と導いてくれるん
です。

万吉は、大体私の左後方から声をかけてきます。別に恐ろしく
はありません。やさしい感じです。

妹尾さんの『閃之介』との土手のシーンの練習があってから、
本番の間、このシーンの出待ちを下手袖でしている時も、毎日
これの繰り返しでした。日によって返事は少し違いますが、内
容は上記のような感じです。

おかげで、日々土手シーンは気持ちを込めて出来ました。『万
吉』に感謝です。

妹尾さんの『青井閃之介』が、本番中にだんだん調子に乗って
くると、この『万吉』の声は聞きづらくなり、私は今までの事
から、『おばば』に対する『万吉』の言葉を繰り返していまし
た。楽日のソワレでは、きちんと聞こえたのは「がってん!」
とか「土手にいるよ」くらいです。

『万吉』の声が聞きづらくなり始めた頃から妹尾さんの『閃之
介』と私の『おばば』は、前半のおばばの「そうかい・・・」
の台詞で、顔を合わせて小さく笑ったり、土手のシーンのおば
ばの「私らのこと心配してるんだろ・・・」の台詞で、閃さん
に笑いかけられるようになりました。私は『おばば』を演じて
いて『閃之介』に親しみを感じていました。

そうそう、土手のシーンのおばばの「私らのこと心配してるん
だろ・・・」の台詞のあと、見透かされて、妹尾さん演じる『
閃之介』がおばばから、目をそらすんですけど、その顔が、内
緒にしていたいたずらが見つかった子供みたいで、ものすごく
かわいくて(妹尾さん失礼!)愛しいんですよ!
多分これは、他の『閃之介ファミリー』も知らない、『おばば
』だけに見せる『閃之介』の素顔だと思います。これが、おば
ばだけが知っている閃さんの魅力です。

『万吉』本当にありがとう!!!
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カウンター

稽古・公演情報

『DS1 本を読もう』  毎週木曜日 18:00~    開催予定 c.h.a.u-w.0491@ezweb.ne.jp までご連絡ください。  
『DS1 本を読もう』
毎週木曜日 18:00~
開催予定日
渋江集い交流館地図
参加申込・お問合せ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

おとと

水槽のふたをクリックして
餌をあげてね!

チャウ

マウスを動かすと動きます。
クリックすると
鳴いたり・怒ったり…
遊んでみてね!

国産小麦シリーズ3キャラクターパック

スポンジ・ボブ時計

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。